目次へ
場外乱闘
意味無いジャン   05/11月後半

ほぼ毎朝書いてるけど、トーストの朝のらっきょうほどの意味もない。


中国で胡耀邦氏の追悼式典が行われる。趙紫陽氏は式典はおろか再評価は現時点は考えられない(Wikipediaより)らしい。ともにケ小平の経済政策の両輪であり僕はこの人たちによって今の中国の大発展は築かれたのじゃないかと思っている。文化大革命の失脚後復帰組、しかし先に亡くなった胡耀邦氏の追悼集会は天安門事件に発展しその責めを負った趙紫陽氏は保守派の台頭で再び失脚した。あれから16年経ってようやく事件を見直せる機運になってきたのかも知れない。この国の自由はとても高くつく。先日西安で見た茶髪ピアスのおニーちゃんオネーちゃん達とコピー商品の氾濫で豊かな物資を思い出して、そう思った。少しため息が出ます   2005/11/16


ブッシュ大統領が帰った。来日入洛3日前の日曜日から京都の空には飛行機やらヘリコがブンブン飛んでイヤそれは五月蠅いこと五月蠅いこと。特に月曜日と火曜日は一日中空に何か居たように思う。あんな方が来るとなるとお金がかかるのですなぁ。僕はもう車に乗らないので今回解らなかったけど、車両検問も凄かったのでしょうね。いったい幾らくらいかかったのだろうかと考える所はにんじん亭は貧乏人です。/難民認定を申請していたミャンマーのおかぁさんに在留許可が下りました。今回難民とは認定されなかったものの法務省は子供の事も考えて在留特別許可を出したそうです。良かったね。/朝はかなり冷え込む京都。   2005/11/17


ニュースが低調な日です。各紙これと言ったニュースがありません。/相変わらずの好景気報道が続きますが、今回は程良くいろんな抑制効果が働いてあまりお馬鹿な事は少ないようです。どこかのディスコのお立ち台で泡銭目当ての娘っ子が鳥の羽の扇とスカートの中身をひらひらさせていた前回のバブル景気とは一味違います。/お医者さんが増えたそうです。20年ほど前に公務員が増えたという話と似ているような気がする。気づかない間に彼らは好待遇の中ぬくぬくと過ごし、今ようやく問題になっている。お医者さんの話が20年後にこうならない事を願います。/日本のケチケチ衛星はやぶさはいつの間にか見つかって明日イトカワに着陸予定だそうです。どうなりましょうか。    2005年11月18日


なんと言っても今日は、昨日日曜日にあった東京女子国際マラソンの話題が一番わかりやすい。はっきり言って僕はあの高橋尚子の傲岸不遜が歩いているような、彼女の場合は走っているか、ハナペチャ顔が大嫌いですが、昨日はなんと言っても感動した。復帰はもうないと陰口を叩かれたこともあるらしい高橋尚子の(Qちゃんという言い方をするのだが、僕はまたあれが気持ち悪くて大嫌いなのだ。)勝負を賭けたここ一番の走りはその走りとシンクロしてTVを見ている僕らの心を持って行ってしまった。少し前まで先を走っていた選手にとってあっという間の出来事だったろう。後は高橋の独走でした。優勝おめでとうございます。とても良いものを頂きました。   2005/11/21


プーチン大統領が来ました。例の小さな島々を返さない国の親分です。日本が核武装でもしたら返すのでしょうな。それも慌てて。北朝鮮も中国も態度を変えるでしょう。国際関係なんてそんなものでしょうな。だから核武装しろと結構若い人たちまで言い出しました。軍備をすると言うこと、核を持つと言うこと、力を背景に国際的にものを言うこと、すべてが一本の線につながっています。その実効性は解る気がしますが果たしてそんなことで良いのかとも思います。第一核の時代はもう終わるかも知れません。次の時代を技術的に見据えた新しい何かは何処かにあるのかも知れません。     2005/11/22


中国の息子からメールが届いた。にんじん亭が開かないという。良く読むとどうも記事の内容に行き着かないようだ。以前から記事が読めないというのでおかしな事を言うなぁと思っていたのだが、どうせPC音痴の息子の言う事だから大して気にも止めていなかったのだけれど、昨日コラムニストの勝谷誠彦さんが中国でネパール関係の事はネット上に無かったと言っていたのを思い出した。都合の悪いことはネット検閲をかけて削除しているのです。多分、おそらく、間違いなく。凄い国ですね。だから日本の新聞なんか向こうで開く訳無いワナァ。中国にいる皆さん。そこではにんじん亭は不便なヘッドライン集の様です。でも僕の所為じゃないんで、拙たわ言と週間今日のオネーちゃんでお楽しみ下さい。   2005/11/23


こういう事にはお金をかけない日本がコストパフォーマンスの粋を誇る衛星ハヤブサ。そのハヤブサの動きが結構面白い。先日は故障した・・・らしい。遠いところの事なので良く解らない。その後行方不明になった。・・・見つかった。イトカワに着陸を試みてまたいなくなった。・・・知らない間に着陸をしていた。
地球から離陸命令が出たので、・・・お母さんがご飯よと言うので・・・再び離陸した。それも知らない間に。
「ダメじゃないかお前!勝手な事したら。」「ウン、僕一人でイトカワのおじちゃんチに行ったんだ。ちゃんと帰って来れたよ。」「・・・ウーン・、もう1回行っといで」    2005/11/24


麻生外務大臣と竹中総務大臣の舌戦、バラエティ的に面白かったんじゃ無かろうかと思います。二人とも解り易い論客ですもの。/構造計算の調節で建築費を浮かす手法は全国ツヅウラウラ充ち満ちていると思います。真剣に調べだしたらこれだけじゃない、あれもこれもになりそうです。アスベスト被害みたいなものです。剣が峰に僕たちの平和な日常が成り立っています。そこのファブリーズとリセッシュで悩んでいる奥様、あなたのマンションもかも知れませんよ。/銀行は大儲けらしい。こんな事で良いのか?少し前には国の金つぎ込んで、立ち直らせたところがです。損すると国民の税金を使う、調子良いと国民から金を吸い取ってボロ儲けする。少しは返せよ、本当の意味で。   2005/11/25


2005/11/28
朝日のヘッドラインが精彩を欠く。その代わりという様に、読売のヘッドラインが良い今朝です。ヘッドラインというのはたった1行の単文だけれど、そこに記事に対する踏み込みの深さがにじみ出る。今朝は取材姿勢も記事構成も読売が勝ったんだな。新聞の世界も厳しい。だからついつい記事ねつ造みたいなインチキな事やっちゃうんだよな。/破竹の勢いの武部幹事長が耐震強度偽装事件にご発言。にんじん亭はその言い方少し拙いんじゃないと思ったけど、案の定民主前原代表に噛みつかれた。でもこういう軽口がこの人の可愛さでもある。この正反対の政治家としてかつて橋本龍太郎という人がいた。可愛くないのが身上の様な人だった。今1億円疑惑で泥にまみれている。


2005/11/29
朝方冷たい雨が降った。雨が上がったので出てみると、街に不思議な匂いが漂う。菊のような匂い。晩秋が朝の街の景色の中に立ち上がってくる。フーン、こんな事があるんだ。季節を感じさせる出来事に感心。俳句を生んだ日本の風物は、にんじん亭の住むこの下町にもまだ生きている。捨てたモンじゃないよ。昨日ここに書いた武部幹事長のご発言、彼は昨日から取り消しに一生懸命です。こういう所もカワイイよなぁ。かわいさも政治家の能力のような気がする。弁護士資格を貸していた西村眞悟先生は昨日逮捕された。この人らしい解りやすい後処理をお願いします。そうすれば必ず復帰できると思います。昨今の鈴木宗男先生のように。ただこの件はマスコミが如何に節操がないかを露呈しているけどね。


2005/11/30
広島の女児殺人遺棄事件犯人逮捕のニュースは各紙トップ扱い。/ヒューザー社長の横着な対応に日本全国規模でブーイングの嵐。あれは無いよね。責任の所在がはっきりしない、しかし大きな事件。誰か憎しでちょうど良いお調子者が出てきた。八つ裂きにしてもまだ足りない思いをさせる憎たらしい答弁に始終する彼の映像が日本全国に届けられた。これで事件の終わり方の方向が見えてきた様で、一同本当は心の深い所で一安心している。しかし、建築業界の受発注システムの危うさは何ら改善されそうにない。元請けが限りなく偉いこのシステムの根本に実は事件の本質が潜んでいる。飛行機と違って建物は完成してからのフェールセイフが効かないのです。





 にんじん亭に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。・・・なんチャッテ。
新聞各社の記事は当然各社に帰属いたします。各社の著作権規約にお従い下さい。
 にんじん亭はNetscape Navigator 4.0以前とInternet Explorer 4.0以前のブラウザでは正しく表示されない場合があります。