前回 昨日  明日 次回
559209
■ 南禅寺の修行僧

 
本  文
ウ  書
懐 メロ

 もう、随分昔の話し、例によってにんじん亭の、酒呑み話なんだが、祇園新橋の東ッ側に、にんじん亭がたまに行く営業終わりの酒冷ましに使う店があった。酒冷ましと言っても、酒は呑むんだが・・・。

その店に何時もカウンターで、ジターッと酒を一人で呑んでいる男が居た。人相風体は如何にも坊主である。
「仏の道に身を捧げながら、夜な夜な、こんなウカレ街を徘徊するとは、坊主の片隅にも置けん奴や!」などと、人の事など言えた義理では無いにんじん亭が考えていると、思いが通じたのか、男が手招きする。

僕がグラスを持ってカウンターに移ると、
「あんた、いっつも居るナァ!」
「イヤお坊さんこそ、何時も居るじゃないですか。」
「イヤ、オレみたいな貧乏坊主、たまにしかこんな所に来んゾ!」
どうやら話を総合すると、たまに僕がこの店に来る時、偶然たまにこのお坊さんも来ていた様で・・・。縁が有ると言うのか、こんな偶然有るんですヮ!

だからお互い何時も居るんだと勘違いしていた様で・・・。
「ところでアンタ何しとん?」
「僕ですか?僕は建築と設備の営業で、そこら辺をコソコソさせて貰ってますよ!もちろん殆どは町屋ですけどね。」
「フーン、なんか堅気のお仕事は大変そうヤナ!」

「お坊さんこそ何を?」
「オレかー?オレナァ。・・・修行僧なんや、南禅寺の・・・。」
「失礼ですけど、修行僧ってもっとお若い方かと・・・アノォお幾つくらいなんで?」彼は同年代の方ではあろうが、間違いなく僕より幾らか年上で、場合によっては10歳くらい年上の場合もあるナァ、と、思っていたのだ。
「フン、核心をついて来よるナァ。・・・あのナァ、こう言う事が有ったンヤ!」
これからは、彼の話の続きである。もちろん酒呑み話ではあるが・・・。

若い頃、修行を終えた彼は、関西の田舎の、檀家こそはいくらか有るもののむしろ廃寺に近い寺の世話を仰せ遣った。若い彼は張り切って毎日の仏様のお世話、念仏、寺の修理、檀家の面倒見などに邁進した。

しかし悲しいかなオンボロ田舎寺、初めはともかく、頑張った割には努力空しく、余りパッとしない。それでも彼の努力の毎日は10数年続いた。そう言う時にフッと悪魔が微笑むのである。

彼の貧乏寺の敷地の一部が。道路に買い取られた。とてつもない額である。彼は檀家に相談する事無く、売買契約書にハンコを押した。
「どうせ、あいつ等に言っても、揉めるだけだヮ!」

それからの彼は、派手なランクル(ランドクルーザー)を乗り回し、夜な夜な近隣の街の女の元へ通い、結構、惚けた暮らしをした。サァこの事態になって檀家が黙っちゃいない。

元々の寺の所有権がどこに属するのか、にんじん亭は浅学で解らないのだが、もう若く無くなったこの住職を、檀家達は訴えたそうだ!見限ったのである。

当然彼は何もかも失って。寒空へ放り出された、不良坊主として。
しかし世の中、捨てたものじゃない。「捨てる神あれば拾う神あり。」余り縁の無かった京都の南禅寺へ、知り合いの寺の世話で潜り込んだらしい、年の行った修行僧として・・・。

コレ大変なご苦労が有って今が有るのだと思います。下げたくない頭も下げたヤロウし、御自分の口で恥の上塗りもしたと思います。イヤァ自業自得とは言え、実に人の世の成す事ですナァ!

 それから僕は、その店には行っていない。だからそのお坊様のその後を知らない。酒の力で開いた人の心を、酒の力で面白がって聞く僕、・・・何だか後ろめたい気がして・・・。



BARにんじん亭では


「お晩でーす!」
「アー、よう来てくれたナァ!」

「考えたら結構凄い話ヤナ!」
「本当ですねぇ。マァ、この人に非があるにせよですよ、10何年間苦労した地域から追い出されたんでしょ、チョット可哀想やナァ!」
「マァ、そんな事有るって!ランクル乗り回して、夜な夜な女通いする住職が余程気に入らんかったと見える、・・・世の中そんなモンヤナ!」
「マスターも気を付けて下さいね!」
「どう言う意味やソレ!」
「あ・・・なんか、気に障りました?でもそのマンマですから、」
「うるさいワイ!・・・ところで何にする?」

「お坊さんが出てきたから、日本酒冷やで頂きましょか?・・・歯に沁みわたる白玉の・・・ヵ!『樽平』」
「君、虫歯か?・・・カーペンターズでもかけようか。『雨の日と月曜日は』なんてどうや?今日、月曜日で雨降ッとるモンな、両方ヤデ。」

と言う具合に、にんじん亭の夜は更けて行くのでありましたが・・・

BLOGには、本編と違ってyoutube等の記載がありません!文章も多少違う事があります。youtube等は本編をご覧下さい!















 

洋楽にも、多少辟易してきたので、・・・お前がヤロー!ワガママなんだカラァ!・・・と、言うお叱りが耳に届きそうです。’90年代末の邦楽名曲から。「夜空のムコウ」今回これバッカし。学校で習った人も多かろう!



SMAP盤。さすがに豪華。これが録音としてのオリジナルで他の人はカヴァーになっている。メンバーが若いのに驚く!



やっぱりこの曲はアコースティックです。作詞者のスガシカオ良いですョね。  スガ シカオ×miwa 「夜空ノムコウ」




作曲者に敬意を表して・・・。河村 結花盤。



変わったところでものまね番組から。クリス・ハートのソウル盤  夜空のムコウ。チョットしつこい・・・ソウルだから仕方ないね!

            


                       

       
























■ 君、金稼ごうぜ!






■ カサブランカの検索で出て来たチョット贅沢なイス!




 今日の ウ書! 本書は、広辞苑に準拠しています。・・・それからして、ウソ!!

保険:バクチの種類。しかも個人の命や人生を賭けた、かなり怖ろしいバクチである。資金力のある胴元が勝ち続けるので正業と勘違いしておられる方が多い。アメリカ資本による傍若無人なCMの餌食になんかなってはいけない。どうしてもこのバクチに参加したい方、特に主婦。(女はバクチが好きである。と言うより彼女等の人生のイヴェントそのものがバクチなのだから・・・。例えば恋愛でしょう、結婚でしょう。出産でしょう。)せめて日本資本にした方が、好いような気がするナァ。先日も正論を言い続けたブラックスワンが病気になってしまった、コレにはブラックスワンが保険に入っていた、と、言う、余計なオチが付いているが、日本の国民健康保険や社会保険に違いない。□△ラックなんて、アホ丸出しの白いスワンがキャラクターの会社のバクチなんて、危なくてノれる訳無いじゃない。






BLOGには、本編と違ってyoutube等の記載がありません!文章も多少違う事があります。youtube等は本編をご覧下さい!


       
にんじん亭
                 















 

 

 

 

 

 

 




 

大変申し訳ありませんが、下の各バナーから記事をお確かめ下さい。(がらくたGalleryはバナーはありませんが面白い。RSSと言う言い方は特権的でイヤらしいので、「れ!ササ」にしました。単なる趣味の問題です。) 
日本の新聞 海外紙 日本の週刊誌 面白ニュース(個人Blog含む。) れ!ササ(RSS)
がらくたGallery イザ!ニュース エンタメ
マイコミジャーナル
財経新聞
中国人が語る中国事情: [ALA!中国]
ゲームばっかしてないでたまには本でも読んだら、キリがないけどね!Amazonの本はすぐ来ますよ!
 
ジ ブ リ  
       
毎日の本棚      
       
  コラム

特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン


1日あたり150円。




ミャンマー難民に送る古着募集

マンガコーナー

天 声人語   朝日 新聞
憂楽 帳 毎日新聞
編集手帳 読売新聞
産経抄 産経新聞

正しかるべき(べきであって単なる幻想に過ぎないのだが、)正義も時として(断っておくが殆どいつもである。)盲しいる事がある。
あなたの道徳観が仮に正しく修正され物事が斜めに見えず真っ直ぐに見えたり、付き合いが減っていっても、又何かに目覚めたりしても、
にんじん亭は一切関知しないからそのつもりで、今日も良き日を、・・・一応成功を祈る!


にんじん亭に掲載の記事・写真の無断転載を 禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
新聞各社の記事写真の著作権は当然各社に帰属します。各社の著作権規定にお従いください。・・・なんチャッテ。

 2014 日曜日
にんじん亭不定期便