前回 昨日  明日 次回
559209
■ 小ネタ(2)
本  文
ウ  書
懐 メロ
■ エー、3面記事系の小ネタが続きますが、組織力も資金力も無いにんじん亭には、言わば当たり前の事で、しかもNewsではなくOldsです。ご勘弁下さい。そう言えば、いつも来るH君は「この前、南方の海で飛行機が墜ちてオーストラリア海軍なんかが出て大騒ぎになったヮね。ウクライナの旅客機撃墜報道がかぶさっちゃうと、全然報道が無くなっちゃった、アレ、どうなったンヤローナァ?」と、例によって酒を飲みながら言ってきた。・・・「知るか、そんな事!」と、言うのがにんじん亭の答えですが、ナニか?・・・そう言えば理研の副センター長が、今週、自殺したナァ!企業の掟は厳しい!大変なプレッシャーだったのだろう。ご冥福をお祈り申し上げます。

■ やしきたかじん

     こんな人   

関西の歌手・司会者・バラェティタレントなどのマルチタレント。とても面白い方だったが、残念な事に今年の1月に亡くなった。

元々、40年ほど前は、多分アレは当時流行っていたフォークシンガーを目指していたのだと思う。京都の小さなライブハウスで歌っていたのを見た事がある。今の"大"笑福亭 鶴瓶が、まだ京都産大の大学生じゃなかったか?ちょっとウロお覚えです。

結構ケンカッ速い性格で、幾つかの番組を潰してきた、と、言うのが御本人の"ウリ"のネタだったが、そう言う彼を関西人は愛した。「横紙破りタイプ」が大好きなのが関西人というモノだ!しかし大した事の無い、そこらの恋愛をせつせつと丁寧に歌い上げた彼の歌は、僕も愛する。

現大阪市長の、橋下 徹氏を、自分の番組から輩出し、野党時代に力落ちした、安倍 晋三現首相と一緒に温泉に浸かった画を撮り、チャッカリ自分の番組で使う、それが縁なのか、お二人とも「たかじんのそこまで言って委員会」に度々出ておられる。凄い話であります。関西の一政治バラェティー番組に、現役の首相や大阪市長が出てご発言されるなんて!・・・。

当然、お嫌いな方います。ある方によると、「やしきたかじんと上沼 恵美子が関西をダメにした!」そうです、僕はそうは思いませんが・・・。

何はともあれ、今年の4月、大阪環状線の駅で、たかじんの歌「なめとんか?」が常時鳴らすプラットフォームの曲に採用された時、友人でもあったらしい、上方落語の「ざこば師匠」が言ったものです。
「たかじんが死んで、もう4ヶ月になるヤロ!アイツ、凄い奴ちゃナァ!まだこんなにナッとる!」・・・涙が落ちましたヮ、私。

■ ステルス戦闘機

   ニュースで見た映像

先進技術実証機 (航空機) - Wikipedia   

ステルス機とはレーダーに感知されにくいと言われている戦闘機や爆撃機。本当カイ?どうも眉唾だナァ!

 僕は素人なので、空中戦の事などサッパリ解らないのだが、昔こんな事が報道された。30年くらい前の話で、まだ東西冷戦の真っ最中、確かトルコの上空でNATOの戦闘機が国籍不明機を撃ち落とした、と、言う勇ましいものであった。

こんな時、法律論や手続き論は、新聞読者の心からは消えてしまう。最近のこの国に於いて、国防の神学論争をやっているのがバカみたいだ。

誰でも現場では、犬死にしたくない。やられたらやり返す、と、言うよりは、やられる前にやる!命のやり取りが戦争と言うものだと思う。

話を元に戻すと、先程のトルコ上空のNATO軍機は、2〜30Km離れた場所から、ミサイルを撃って命中撃墜したものらしい。僕は思った。「今後、ドッグファイト(空中接近戦)は無いな!」ところが、その何年か後、トム・クルーズ主演の映画「トップガン」を見ると、ドッグファイトばかりじゃない。

結局、実戦は状況と言うものが有るので一概に言えないと思うけど、軍事パイロットの本能みたいなもので、厳しくて際どい、ドッグファイトの訓練は必要なのだろうと思った。

そこで先程のステルス機、実は日本でも独自開発しているらしい。まだ試作段階らしいが、エンジンや機体を含み操縦系統は出来ている、試験飛行を待っているそうだ。

エーのですかネェ?エーのヤローナァ。「報道特集」と言う土曜日の毎日系ニュース番組(今年の7月)でやっていた、マァ、毎日系だから変な色は着くけど・・・。問題のステルス性については良く解らないのだけれど、開発しているのがゼロ戦を開発した伝統の三菱重工だから、運動性にこだわる、こだわる!飛行回転半径が従来機の半分くらいに見えた。あのシュミレイション装置の通りの動きなら世界一のドッグファイターが出来ると思います。・・・が、どうなって行くのでありましょう?



BARにんじん亭では


「お晩でーす!」
「アー、よう来てくれたナァ!」

「あの京大出の副センター長自殺したんやってな!小保チャンも罪深いな、ある意味で!もちろん理研が一番悪いとは思うがな、オレは。」
「ウーン、ボクこの件、ヨー解りませんヮ!ナンか変な事件ですネェ!」

「やしきたかじんの件は同感やな、」
「ボクも・・・。」

「それよりステルスな?アレ、変やと思ヮヘン。・・・目で見えるモンが、ナンでレーダーに写らんノや?ナンかテレビに出とった試作機な、尾翼が、凄く大きかったゾ!アレでホンマにレーダーに写らんノやロウか?」
「サーッ!そこらヘンサッパリですヮ!ところでアメリカが良くウンって言いましたネ、前回日本の飛行機開発に、もの凄く反対したんでショ。」

「つまり金が無いのと違う?ウチと一緒で・・・。」
「マスターは、ナンか不埒な事してるから、金が無いんでしょ?」
「ウルサイわい!・・・ところで、今日おごるヮ!」
「ヘー!」
「ハイ、これ、」
「・・・って言うか、ナンも無いじゃないですか?」
「コレな、大きい声じゃ言えんが、ウチの新開発『ステルス フィズ』ナンや。」
「アノねぇ!マスター!」
「・・・アハハ!うそやって!・・・コッチや、コッチや!」と、冷蔵庫で冷やして有った、コリンズを出す。
「ドや?機嫌なおったか?『にんじん亭 特性コリンズ』や、夏らしいヤロ?ただベースはジンやからフルーツポンチのつもりでイクと酔っぱらうゾ!・・・取り敢えず、ボサノバかけとくヮ!」




と言う具合に、にんじん亭の夜は更けて行くのでありましたが・・・

BLOGには、本編と違ってyoutube等の記載がありません!文章も多少違う事があります。youtube等は本編をご覧下さい!















 

おいちゃん等の、若かった頃のチョットHな歌。若者らしく、感じたものでしたが・・・。「へーそんなモノカァ。」と、純情にも信じて、エライ目に遭ったのは言うまでも無い。・・・もちろん、今聴くと、何て事無い。



白い蝶のサンバ 森山 加代子



恋の奴隷 奥村チヨ




経験 辺見マリ

イヤァ、イイ時代でしたナ!今みたいに少子化とか言わないでッ若者達は、単純に「金とSEX」に飢えていましたモノ。

            


                       

       
























■ 君、金稼ごうぜ!






■ カサブランカの検索で出て来たチョット贅沢なイス!




 今日の ウ書! 本書は、広辞苑に準拠しています。・・・それからして、ウソ!!

バックぎゃ門
: ナンだか、嫌らしそうな言葉である。好事家に依ると深遠な意味が有るそうだが、・・・だいたい想像は付くというモンだ。従って上品なにんじん亭は、本件について、多くを語りません!

これはウ書なので、多少差し支えはあるモノの、「バックギャモン」と、言うボードゲームは有る。去年か一昨年の、NHK大河「平 清盛」で紹介されていた「すごろく」と、言うゲームが、それなんじゃないか?と、にんじん亭は思っているのですが、調べていません。

  バックギャモン Googleより


BLOGには、本編と違ってyoutube等の記載がありません!文章も多少違う事があります。youtube等は本編をご覧下さい!


       
にんじん亭
                 















 

 

 

 

 

 

 




 

大変申し訳ありませんが、下の各バナーから記事をお確かめ下さい。(がらくたGalleryはバナーはありませんが面白い。RSSと言う言い方は特権的でイヤらしいので、「れ!ササ」にしました。単なる趣味の問題です。) 
日本の新聞 海外紙 日本の週刊誌 面白ニュース(個人Blog含む。) れ!ササ(RSS)
がらくたGallery イザ!ニュース エンタメ
マイコミジャーナル
財経新聞
中国人が語る中国事情: [ALA!中国]
ゲームばっかしてないでたまには本でも読んだら、キリがないけどね!Amazonの本はすぐ来ますよ!
 
ジ ブ リ  
       
毎日の本棚      
       
  コラム

特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン


1日あたり150円。




ミャンマー難民に送る古着募集

マンガコーナー

天 声人語   朝日 新聞
憂楽 帳 毎日新聞
編集手帳 読売新聞
産経抄 産経新聞

正しかるべき(べきであって単なる幻想に過ぎないのだが、)正義も時として(断っておくが殆どいつもである。)盲しいる事がある。
あなたの道徳観が仮に正しく修正され物事が斜めに見えず真っ直ぐに見えたり、付き合いが減っていっても、又何かに目覚めたりしても、
にんじん亭は一切関知しないからそのつもりで、今日も良き日を、・・・一応成功を祈る!


にんじん亭に掲載の記事・写真の無断転載を 禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
新聞各社の記事写真の著作権は当然各社に帰属します。各社の著作権規定にお従いください。・・・なんチャッテ。

 201411 月曜日
にんじん亭不定期便